閉じる

先輩社員を知る

近藤建設 建設技術者のとある一日

8:00
現場または事務所で朝礼
KY(危険予測)活動
作業内容確認
8:30
現場で職人さんと打ち合わせ
墨出し作業・安全対策・安全管理
工事工程写真撮影
12:00
昼休憩
13:00
昼礼(午後の作業内容確認)
デスクワーク
図面作成・書類作成・工事写真整理
17:00
現場最終確認
施工状況確認
後片付け
翌日の作業確認・準備
18:00
仕事終了

先輩社員の声

北川さん
北川さん(入社9年目)
建設業は男の方が多い職場ですが、近藤建設には私の他に現場で働く女性がもう1人います。
職場の方達は、女性だからと気を使うことなく自然と対等に接してくれるので、とても仕事がしやすい環境です。
また、近藤建設の社長が女性というのもあり、色々と気にかけてくれるのも、女性でも働きやすい理由の1つだと思います。
男性社会で働くと決めた時に「泣かない・元気よく・笑う」ということ決意して入社し、日々奮闘しています。働きながら3年間勉強して、一級建築士の資格を取得することが出来ました。
「女性でも建設現場で働ける!」ということを、もっと多くの方に知ってもらいたいです。 作り出す喜びと達成感を感じる充実した毎日を送っています。
近藤建設の先輩社員
近藤建設の先輩社員
三鍋さん
三鍋さん(入社3年目)
父親が建築関係の仕事をしていたこともあり、子供の頃から建設の仕事に憧れていました。中学1年の時に、自分も建築関係の仕事に就こうと決め、工業高校の建築科に入りました。
近藤建設に入社したきっかけは、高校の掲示されている求人です。
先生に相談したところ、卒業生も入社した話などを聞きながら勧められて応募しました。

学校で学ぶこと以上に現場で学ぶことは多いですが、何もない更地の状態から建造物が完成していく達成感は、他では味わえません。
怖いイメージのある職人さん達も、話しやすく、現場でコミュニケーションをとることが楽しみになっています。現在は、二級建築士・建築施工管理技士の資格を取得するため日々勉強しています。将来的には現場の所長を目指したいですね。
近藤建設の先輩社員
近藤建設の先輩社員

近藤建設で
働きたいと思ったら

求人に申し込むENTRY

もっと近藤建設を
知りたいと思ったら