閉じる
RECRUIT

採用情報

入社 平成28年4月
三鍋 滉太
私にとって仕事のやりがいとは、建物が完成した時の達成感だと思います。
完成まで携わった現場はまだ2つしか経験していませんが、2つとも完成した時はなんとも言えない達成感を味わいました。
建物は私たち現場監督と多種多様な職人さんが協力して作っていきます。毎日人が入れ替わり、現場も変化していきます。時には予想していなかったことが発生して現場がストップすることもあります。失敗することや苦労することも多くあり、先輩や職人さんに怒られることも良くあります。
そんな「現場」を管理するということはとても大変なことだと思います。しかし、それを乗り越えて建物を完成させたときは大きな喜びと達成感を味わいました。大変な仕事ではありますが、この達成感はほかの仕事では味わえないものだと思います。
近藤建設では先輩も後輩も心の温かい人が多いです。そんな人がたくさんおられるので、会社・現場の雰囲気はとても良いと思います。
わからないところを質問したときには、優しく丁寧に教えていただけるので、毎日心地よく仕事が出来ています。
普段は現場勤務を直行直帰なので、会社の人と顔を合わせる機会が少ないです。
しかし、社員旅行や忘年会・懇親会など社内行事が多くあるので、社内行事を通して先輩や後輩と親交を深めることが出来ました。
現在の目標は、早く一人前になることです。
入社して2年目の私ですが、まだまだわからないことだらけです。入社して間もない頃は、現場の変化についていくのがやっとで、とにかく所長に指示された仕事をしたり、職人さんの手元で材料などをひたすら運んだりしていました。時には仕事が遅かったり、失敗したこともあり、所長や職人さんに怒られることがありました。しかし現場を経験していくにつれて仕事に慣れてきて、現場の変化が見えるようになってきました。
入社したての頃に比べると現場の変化を読み取り、自分で考えて仕事をこなすことができるようになったと思います。これから覚えなければいけないことがまだたくさん出てくると思います。早く仕事を覚えて先輩後輩にも職人さんにも信頼される一人前の監督になりたいと思います。
求人に申し込むENTRY
その他の先輩社員の声
入社 平成26年 4月
大崎 莉歩
建設業のやりがいとして、建物が完成し形になることが達成感や喜びを味わう瞬間だと思います。
入社 平成19年4月
平野 元嗣
建設業におけるやりがいというのは、やはり建物が完成した時に感じる達成感ではないかと思います。