閉じる
RECRUIT

採用情報

入社 平成26年 4月
大崎 莉歩
建設業のやりがいとして、建物が完成し形になることが達成感や喜びを味わう瞬間だと思います。私は現在携わっている現場で4件目になりますが、どの現場も同じものは当然ありません。小学校、病院、住宅、改修工事…。1つ1つが違うからこそ、勉強出来る部分も多く面白さもあります。もちろん辛いことも大変と感じることもありますが、それを乗り越えるからこそ自分の力になって、次に活かす事が出来ます。私は最低でも半年ほど毎日同じ現場に携わっていたので、どの現場にも愛着がありました。完成に近づくと子供が親元を離れるような気持ちで少し寂しく感じますが完成した現場を嬉しそうにみるお施主様や近隣住民の方を見ると、私まで嬉しくなります。完成までの道のりは長く色々なことがありますが、乗り越えてきて良かったな、と工事が終わる時は喜びと達成感を味わいます。
会社の上司や先輩方は皆さんとても温かく優しい方ばかりです。毎日現場に直行直帰なので、他の会社から見ると顔を合わせる機会は少ないと思います。しかし親睦会、ボーリング大会、海外・国内研修旅行、納涼会、忘年会、懇親会など1年の内に多くの社内行事があり、社員全員で過ごす機会が多くあるので上司や先輩方ともすぐに打ち解けることが出来ました。また女性が少ないイメージの建設業でしたが私の先輩に女性の現場監督員の方が1人おられるので、仕事はもちろん、プライベートなことも気軽に相談出来るので頼りに、そして目標にしています。もちろん男性社員の上司や先輩方にも温かく、時には厳しく接してもらい毎日とても良い環境で仕事をすることが出来ます。どこか家族の様な温かい社員の皆さんがいるアットホームな近藤建設が私は好きです。
将来の目標はまだ良く分からないのが正直なところです。当面は自分の出来る仕事を増やし技術や知識を身に着け、今後の仕事に役立たせることが目標です。また、女性ということで比較的早めに作業員の方に名前や顔を覚えてもらえるメリットがあるので、次も一緒に仕事がしたいと思われるような技術や現場環境造りと、私ならではの内面的な魅力を身に着けようと毎日努力をしています。近年様々な業界で女性の活躍する場が多く与えられるようになってきました。私も周りの女性達に負けない様にどんどん上を目指して技術を吸収できるチャンスを逃さずに、現場仕事だけではなく、図面書きや書類仕事、積算など何事にも前向きに取り組む姿勢でいきたいと思います。まずは今日より明日、を目標に頑張ります!
求人に申し込むENTRY
その他の先輩社員の声
入社 平成19年4月
平野 元嗣
建設業におけるやりがいというのは、やはり建物が完成した時に感じる達成感ではないかと思います。
入社 平成27年4月
玄手 政成
私たち現場監督の役割は、職人の方々の力を十二分に発揮させることです。